外資系企業あるある (4) - 外資系企業で5年実戦中!オンライン英会話だけで外国人とも話せるようになる!

香港人の我の強さとキャセイ航空のCAにみるグローバル英会話

担当ブランドのマーケティング戦略会議のために海外出張に行っていました。
続けて香港に行かなければいけなかったので、
キャセイ航空に乗っていたのですが、隣に座った香港人のおばちゃんに驚かされました。

おばちゃん“Would you change your seat with my friend?”

友達と横並びで座りたかったらしいのです。

私”Where is your friend’s seat?”
聞くと、友達の席は3人席の真ん中・・。
長時間フライトで、しかも機内で仕事をするために私も通路側を予め取っていたので、
”I’m sorry but I wanna keep the aisle side”と答えて断りました。
他の方もどうやら同じように答えていたようです。ビジネスマンばかりでしたから・・。
飛行機は貴重な資料作成時間なんです。

するとこのおばちゃん、
続きを読む


外資系企業の社員は進撃の巨人を観なさい

世間では、外資系=ドライと思っている人が多いですが大きな間違いです。

上司との英語でのコミュニケーションは非常に重要です。
私の経験からですが、日系企業にいたときより外資の今の方が
上司や同僚と話す機会が多いように感じます。


続きを読む

外資系メーカーのブランド管理 日本の仕事とグローバルの仕事そして英語・・

外資系企業の働き方についてもう少しお話しします。
特にP&Gやユニリーバ、ジョンソンエンドジョンソンなどで働く方に伝えたいです。

外資系企業 = 日本支社で働くってことですよ

外資系企業というのは、P&Gジャパンやユニリーバジャパン、
つまり日本子会社なので、ビジネスの報告義務は日本の上司になります。
外資系企業って、要は本社が日本以外の国の会社ということです。
つまり”外資系企業で働く= 子会社で働く” ということです。

これは絶対に忘れてはいけないことですが、

続きを読む

英語はどの程度使いますか?〜外資系消費財メーカーのマーケティング職〜

管理人は、消費財業界でのマーケティング職としてのキャリアが一番長いので
外資メーカーのマーケターの仕事と英会話についてお話しします。

各有力メーカーが公表している、求める人物像は以下の通り。

続きを読む

英語で電話会議ができなきゃ、外資じゃ使えないヤツ

外資系企業や海外事業部で勤務する者の宿命として・・
朝出社して、メールボックスを開いた瞬間から
“Next Budget Meetings”
“Regarding NPD Project starting next month”
“Re: Request of research cost estimation”
“URGENT: Analysis of competitors movement ”
みたいな英語タイトルのメールがダーっと溢れているわけです。

海外と日本は当然ですが時差があるので、働いている時間がズレます。
だから全てのメールを処理して退社しても、
次の日にはメールボックスがいっぱいになっているんです。
私の場合は、未読メールが大体20通くらいたまります。
ひどい人は、50通とか平気でたまっていますね。

出社して朝はのんびり、午後から頑張ろうなんてあり得ません。
朝が勝負です。働き出してすぐの頃は、
このストレスで発狂しそうになるかもしれません笑

メールの内容もどの国の人と働くかで変わってきます。
個人的な経験で行くと、
欧米・中華圏 → とてもシンプルなメール。用件のみで、長くても5行くらい。 
東南アジア  → 長い・・。少し日本人に近い感覚で、挨拶文が多い。
 日本     → ムダばかりの超ロングメール(笑)

ただし、どんな相手でもThanks for your suggestion.などの
感謝の気持ちは文章にした方が良いです。絶対。

さて、この膨大な未読メール。
どうしたらメールの数を増やさずに済むでしょうか?

私は仕事をしていない間に、メールが20通たまります。ですが同僚は50通たまっています。

この差はなにか?
・・それは、英会話力なんです。
もっと具体的に言うと、「電話会議ができるかどうか」、です。

何でもそうですが、用件は、文章より直接話した方が早く伝わりますよね。

私の場合、揉めそうな議題は全て電話会議で決めます。
お互いの主張をメールベースでぶつけ合うと、決まるものも決まりません。
メールの目的は、「電話会議で決めたことを文書で残す」ことです。

一方、同僚はそこまで英会話に自信が無いので、電話会議を好みません。
徹底的にメールで決めていくので、メールの数も多くなりますし
1つ1つのメールの文量やそれに伴う資料の数も莫大なものになっています。

彼は超人的な体力の持ち主なので、へっちゃらそうですが
普通の人はあんな風に働けないはずです・・。

電話会議なんて、慣れの部分が大きいので、是非ともチャレンジしてください。
入社前から慣れておくととても役立ちますよ。
海外のサービスを電話で注文する、のがとても良い練習になるのですが
そうそうそんなチャンスも無いと思います。

オンライン英会話なら、毎日でも
この「電話で話す」訓練ができるので本当に有効です。
1週間も続ければ、確実に舌が動き出します。

成長できるオンライン英会話スクールと成長できないオンライン英会話スクールの
違いを見分けるためのチェックリストを作成しました!
自分にぴったりのスクールを見つけてください。
個人的には、大手サービスの方が良いとは思います。


管理人が、自分の経験を元に、
理想的なスクール選びに必須の情報を記事にまとめました。

全て無料で公開中です。↓からアクセスしてください


<レポートの中身>

1.学校選びで忘れてはいけない必須チェック項目 制度編

2.学校選びで忘れてはいけない必須チェック項目 レッスン編

3.レッスンでそのまま使える会話表現カンニングペーパー

4.無料体験できる!おすすめのスクール

5.スカイプの設定方法



*注目*【外資系企業、日系大手企業に向けた転職エージェントの活用方法】

当ブログの多くの読者の方からリクエストのあった、
転職エージェントのリアルな活用方法についての記事を書きました。

外資や日系大手への転職は優秀なエージェントを選択して、有効に活用することが必須です。

私の転職時の実体験をもとに、エージェント選択に必要な情報を整理しましたので是非ご一読ください。

確実に内定を取るための転職エージェントの選択と活用方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。