外資系企業あるある - 外資系企業で5年実戦中!オンライン英会話だけで外国人とも話せるようになる!

錦織圭は外資系企業でも通用する!?英語インタビューが素晴らしい

錦織圭選手、全米オープンお疲れさまでした!!

アメリカにいるので、夕方5時から決勝戦を観戦していました。
決勝は残念でしたが、本当に素晴らしい躍進でしたね。

そして、このブログを読んでいる方に知っていただきたいのが彼の英語力です。

錦織選手は、13歳からアメリカを拠点にしてテニス選手としての
キャリアを築いてきているため、英会話レベルも非常に高いです。

はっきり言って、私なんかよりよっぽど綺麗な英語をしゃべります。
このレベルだったら、確実に外資系でもマネージャーとしてやっていけます。
↓  ↓  ↓
続きを読む


寝たらクビ!ハイキャリア外資系社員が実行する絶対寝ないための5つの方法

外資系の社員は、本当に寝ないんです。

どんなに長時間の会議でも居眠りなんてあり得ません。
居眠りなんてしたら、「ビジネスに貢献していない」という理由で
クビが切られる可能性があるのです。


しかし、外資の社員も当然同じ人間。絶対寝ないのには、理由があります。
私含めて、周りの外資系社員が実行している5つの方法をお教えします。続きを読む

外資系で解雇(クビ)はリストラじゃなくて、firedと言います

外資系にいる限り、「解雇(クビ)」の可能性はいつだってあります。

ただし、英語の解説をする前に一つだけお伝えしておきますが、
外資系における解雇はそこまでネガティブなものではありません。

いや、もちろんネガティブなんですが、
外資系の世界では解雇が頻繁に起きるので大したことでは無くなるのです。
それに、日本にいて名の知れた外資系で働いていれば、
次の働き口には困らない(転職がすぐ決まる)ので、気楽に考えましょう。

続きを読む

ビジネスにおいて、英語でジョークを言う必要があるか?という難しい問題

アメリカンジョーク

これ、我々日本人には一生理解できないのでは無いか、と思います。。
アメリカ人と働いていると、会議の始まる直前やちょっとした合間の雑談の中で
ジョークを言われることがとても多いです。
ジョークって、会話をサッと終えるときに使うと便利だったりするんですね。

ただ、やはり笑いの感覚と言いますか、
え?これがジョークなの?
と思うことがしょっちゅうあります。

例えば、Knock-Knockジョークというものがあります。

続きを読む

世界最大小売ウォルマートに学ぶ外国人に伝わるビジネス英語

“Swim upstream. Go the other way. Ignore the conventional wisdom”
(逆を行け。他の人と同じではなく。こびりついた慣例は無視しろ)

ウォルマート(Walmart)創業者サム・ウォルトン氏の名言です。
アメリカでビジネスをしていて、ウォルマートを意識しない人はいません。
なぜウォルマートが世界最大の小売でいられるのか。

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。