外資系で解雇(クビ)はリストラじゃなくて、firedと言います - 外資系企業で5年実戦中!オンライン英会話だけで外国人とも話せるようになる!

外資系で解雇(クビ)はリストラじゃなくて、firedと言います

外資系にいる限り、「解雇(クビ)」の可能性はいつだってあります。

ただし、英語の解説をする前に一つだけお伝えしておきますが、
外資系における解雇はそこまでネガティブなものではありません。

いや、もちろんネガティブなんですが、
外資系の世界では解雇が頻繁に起きるので大したことでは無くなるのです。
それに、日本にいて名の知れた外資系で働いていれば、
次の働き口には困らない(転職がすぐ決まる)ので、気楽に考えましょう。




スポンサードリンク
この解雇を指す英単語は、実は色々あります。直接的な英語から、間接的な英語までリストにしました。

【解雇を表すビジネス英単語】
fire
eliminate
lay off
restructure
terminate

lay off
restructure


全て「解雇」なんですが、ニュアンスが少しずつ違っていて、
lay off と restructureは、会社の組織的な都合での解雇を指す場合が多いです。
ちなみに日本後のリストラは、restructureから来ています。

幸い私のいる会社では、こういった会社の業績不振による解雇はなく、
もっと個人の失態とか不正まがいの行為での解雇くらいしかありません。
簡単に言うと、"悪いことした人がクビになってる"感じです。

なので、私の会社では、"Mr. XX was eliminated last week. "という発表がされます。
eliminated というのは、かなり強い表現で初めて聞いたときは心が痛みましたが。。

解雇に関わる英語は、記事にするのも少しためらっていたのですが、
キャリアを考える上でも重要ですので、心に留めておいてください。

外資で活躍したい、輝きたいなら、早めのオンライン英会話をおすすめします。
明日始めるよりも今日始めた方が効果が出るの早いですよ?

私は結果的に今アメリカ本社で働けているので、オンライン英会話の効果については保証します。
無料体験をするだけでも人生変わるきっかけになるかと思います。

→DMM英会話の無料体験はこちらから
レアジョブの無料体験はこちら
ラングリッチの無料体験はこちら
NTTバーチャル英会話の無料体験はこちら

*注目*【外資系企業、日系大手企業に向けた転職エージェントの活用方法】

当ブログの多くの読者の方からリクエストのあった、
転職エージェントのリアルな活用方法についての記事を書きました。

外資や日系大手への転職は優秀なエージェントを選択して、有効に活用することが必須です。

私の転職時の実体験をもとに、エージェント選択に必要な情報を整理しましたので是非ご一読ください。

確実に内定を取るための転職エージェントの選択と活用方法



企業が運営している広告ブログに負けず
個人で情報提供を続けて行くために、以下クリックで応援をお願いします・・。

ビジネス英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
英会話&ビジネススキルをマスターする上での基礎書籍です。
外資系社員のバイブルですが、全ての社会人に読んでほしい良い良書たちです。
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。