外資系企業で5年実戦中!オンライン英会話だけで外国人とも話せるようになる!

外資系で解雇(クビ)はリストラじゃなくて、firedと言います

外資系にいる限り、「解雇(クビ)」の可能性はいつだってあります。

ただし、英語の解説をする前に一つだけお伝えしておきますが、
外資系における解雇はそこまでネガティブなものではありません。

いや、もちろんネガティブなんですが、
外資系の世界では解雇が頻繁に起きるので大したことでは無くなるのです。
それに、日本にいて名の知れた外資系で働いていれば、
次の働き口には困らない(転職がすぐ決まる)ので、気楽に考えましょう。

続きを読む


外資系企業で必須のスキル:相手を褒める際はCongraturationsだけじゃ足りない?

外国人とのコミュニケーションにおいては、
とにかく「感謝の気持ち」と「相手を褒めること」、が必須です。
GratitudePraiseですね。

例えば、同僚が昇進したとき。外資で昇進(promote)することは本当にすごいことです。
他には、後輩や友人が結婚したとき。書籍を出版したとき。など。

相手におめでたいことがあったときは、日本語でも「おめでとう!」と言いますよね。

外国人に対しても、当然同じことをするべきで"Congratulations!"が適しています。

ただし、外国人、特にアメリカ人はもの凄く人を褒める文化なので、
"Congratulations!"だけだと、なんだか物足りなく感じてきます。

表現も1つだけだと、英会話としてシンプルすぎますしね。
このような場合には、少し言葉を添えるとネイティブっぽくなって良いですよ。
例を3つお教えしますので、覚えて使ってみてください。

続きを読む

外資のオフィスで良く聞く英語表現:Be Right There!

外資系企業で必須の業務スキルに、
「即座のメール返信」「絶え間ない電話会議の進行」
の2つが挙げられます。

決められた勤務時間の中でギュッと濃縮させて働くため、
1分1秒を惜しむようにみんなが素早い行動を取っています。
例えば、、、、

続きを読む

ビジネスにおいて、英語でジョークを言う必要があるか?という難しい問題

アメリカンジョーク

これ、我々日本人には一生理解できないのでは無いか、と思います。。
アメリカ人と働いていると、会議の始まる直前やちょっとした合間の雑談の中で
ジョークを言われることがとても多いです。
ジョークって、会話をサッと終えるときに使うと便利だったりするんですね。

ただ、やはり笑いの感覚と言いますか、
え?これがジョークなの?
と思うことがしょっちゅうあります。

例えば、Knock-Knockジョークというものがあります。

続きを読む

質問!なんでTOEIC900点越えていると外資の転職に有利なんですか?

外資系企業でキャリアアップにチャレンジしたいという人は多いです。
良く受ける質問として、
「なぜTOEICの点数が必要なんですか?仕事とTOEICは関係なくないですか?」
というものがあります。

たしかに、TOEICと外資系企業の実際の業務はそこまで関係がありません。

ですが、外資系の採用においてTOEICの影響力は当分強いままだと思います。
これはひとえに、
「外資系は採用を効率化しなければいけない。採用にかける時間が限られている。」ためです。

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。